集団暴行事件スウェーデンでも発表控える

シリア難民を含めた積極的な移民受け入れ政策への配慮

野外音楽祭の会場でも移民とみられる若い男たちが性的暴行

集団暴行事件スウェーデンでも発表控える

集団暴行事件スウェーデンでも発表控える

 ドイツのケルンで発生した、難民によるとみられる大がかりな集団暴行事件が波紋を広げる中、スウェーデンの首都ストックホルムで昨年8月に開催された野外音楽祭の会場でも移民とみられる若い男たちが多数の女性に性的暴行を加え、警察当局が約200人を会場から追い出していたことが11日明らかになった。

 英BBC放送が伝えた。警察当局は集団暴行事件として本格捜査を開始した。

 地元メディアが伝えたところでは、警察当局は11日の記者会見で、ストックホルム中心地の広場で昨年8月に行われた野外音楽祭で集団暴行事件があったことを認め、「何人かを逮捕したが、何人くらいの女性にどのような性的被害があったか詳細を捜査する」と語った。

 しかし、警察当局が作成した「内部メモ」には、警察が約50人の容疑者を特定し、約200人を会場から追放したと記録されていたという。

 警察当局が公表を控えていた背景には、シリア難民を含めた積極的な移民受け入れ政策への配慮があったためとみられる。

 一方、フィンランド警察も、大みそかにヘルシンキ中央駅でイラクからの難民申請者千人による集団暴行事件が発生、「3人が現場で拘束された」と発表した。

 また、事件の前には難民申請者の集団による女性への性的嫌がらせ計画情報が寄せられていたことを明らかにした。

 スイス警察も、チューリヒでも昨年の大みそかに性的暴行の被害を受けたとの被害が複数の女性から寄せられ、アラブ系の外見をした20~30人の若い男が犯行にかかわった疑いがあると発表。警察は、犯行の手口がケルンでの事件と「似ている」として関連を捜査している。

(産経ニュース 1月12日)

スウェーデンでの性的暴行事件の被害者

集団暴行事件スウェーデンでも発表控える

 

ノルウェーでの性的暴行事件の被害者

集団暴行事件ノルウェー

 世界各地で、集団による暴行が行われていたのですね。本当にひどいことです。今回の記事の元になった、ドイツの集団暴行事件についても詳しい記事を書きましたので見てみてください↓
ドイツケルン大晦日集団性暴行事件

関連として、女性ジャーナリストの集団暴行事件についてもまとめましたので、ご興味があれば見てみてください↓
60ミニッツ-ララ・ローガン恐怖の暴行体験