父親殺しにバラバラ殺人で復讐(インド)

父親が家族ぐるみの友人の1人に殺害されるのを目撃

復讐の時を待った年数に相当する12の部分に分けて遺体を解体

父親殺しにバラバラ殺人で復讐(インド)遺体遺棄現場

父親殺しにバラバラ殺人で復讐(インド)遺体遺棄現場

 インドのウッタルプラデシュ(Uttar Pradesh)州で、12年前に殺害された男性の息子が、父親殺しの犯人を殺害し、復讐の時を待った年数に相当する12の部分に分けて遺体を解体したと自供した。

 22日の現地報道によると、アラム・カーン(Alam Khan)容疑者は12歳だった2003年、自分の父親が家族ぐるみの友人の1人に殺害されるのを目撃した。

 以来、ひそかに復讐を計画していたが、先週、父親を殺した相手、モハマド・ライス(Mohammad Rais)容疑者を飲みに誘い自宅に招き、ついにその機会を得た。

 逮捕後、カーン容疑者は報道陣に対し、ライス容疑者を酔わせた後、ナイフで刺し殺し、ハンマーと弓のこで遺体を解体したと語った。

 さらに協力者1人と一緒に解体した遺体をビニール袋に詰め、川に投げ捨てたという。

 ビニール袋は川岸に打ち上げられたが、警察がライス容疑者の身元を確認できたのは、胴体部分にあった手術痕のみからだった。

 ライス容疑者がカーン容疑者の家を訪問したのを見ていた目撃者の証言で、カーン容疑者は逮捕され、その後すべてを自供した。

 現地紙タイムズ・オブ・インディア(Times of India)によれば、カーン容疑者は「音楽をめいっぱいのボリュームで流し、遺体を12個に切り分けた」と話したという。

 カーン容疑者は、父親を殺した人物について誰にも話したことがなく、復讐という「夢を実現するため」12年間待っていた。「やり遂げて幸せだ」とも語ったという。

【出典:12月22日 AFP】

父親殺しにバラバラ殺人で復讐(インド)父親殺しにバラバラ殺人で復讐(インド)容疑者画像

父親殺しにバラバラ殺人で復讐(インド)容疑者画像

 

このページに関連するページ

記事はありませんでした。