警官が警察署内でレイプと恐喝容疑で逮捕ーインド

車に押し込まれ、警察署に連れていかれてレイプされた

ムンバイモデルレイプ被害者

ムンバイモデルレイプ被害者

警察官は常習だったようですね

 インドのムンバイで、29歳のモデルの女性を警察署内でレイプしたうえ、事件について口外しないかわりに金銭を要求したとして恐喝の疑いで警察官3人を含む6人が逮捕された。

 同市警察の副警視総監が24日、明らかにした。

 この女性の供述によると、女性は今月3日、繁華街にあるホテルを出たところで複数の警察官に車に押し込まれ、警察署に連れていかれてレイプされた。

 さらに警官たちは、金銭を払わなければレイプを口外すると脅迫して女性から50万ルピー(約93万円)を脅し取ったという。

(出典:AFP 4月27日)

ムンバイCST駅レイプ抗議デモ

ムンバイCST駅レイプ抗議デモ

警察側は恐喝は認めたがレイプはなかったと否定

 警察当局の高官はAFPの取材に、警察官の関与の疑いと事件の性質を考慮し、捜査は慎重に行われているとしたうえで、恐喝の事実はほぼ認められたが、性的暴行については現時点では確認できていないと話した。

 さらに事件当時、問題の警官たちが女性が連れ去られたホテル前にいる理由はなかったと付け加えた。

 地元メディアの報道によると、女性の知人が夜間に複数の現金自動預払機(ATM)をまわって現金を調達し警察署に届けた。

 事件から数日たって、女性がムンバイ警察の警視総監にメールを送り、後日、直接警視総監に詳細を語ったという。

(出典:AFP 4月27日)

被害に遭った女性の証言

 被害に遭った女性は、ホスピタリティと観光でMBAの学位を持っており、『社会がモデルについて非常に偏見を持っている…私はMBAの卒業生です。

 父は公務員でした。 私の姉妹は教師です。 私にとっては、私の尊厳が最も重要である』と証言した。

(出典:THE Indian Express 4月28日)