ドイツ初、自転車用の高速道路が開通

ここは、サイクリストにとって夢のような場所

ようこそ、ドイツ初の自転車用アウトバーン(高速道路)へ

ドイツ初、自転車用の高速道路が開通

ドイツ初、自転車用の高速道路が開通

 この道路は、都会の交通渋滞や大気汚染問題への解決策として、また、朝9時から夕方5時まで働く人たちが安全に自転車で通勤できる手段として歓迎されている。

 環境に優しい未来の都市交通を目指し、ドイツは自転車専用の高速道路を整備。今回開通した最初の5キロ区間を皮切りに、完成すれば、全長100キロ以上になる予定だ。

 デュイスブルク (Duisburg)やボーフム(Bochum)、ハム(Hamm)などドイツ西部の10都市と4大学を結ぶ計画の同道路の大部分は、かつて工業地帯だったルール(Ruhr)地方にある、現在使われていない線路に沿って走らせる予定。

 この道の2キロ以内に約200万人が居住しており、彼らの通勤・通学に使われるだろうと、地域開発グループ「RVR」のマーティン・テネス(Martin Toennes)氏は語る。

 最初の5キロ区間の建設費用は、欧州連合(EU)が5割、ノルトラインウェストファーレン(North Rhine-Westphalia)州が3割、RVRが2割を負担した。テネス氏によると、100キロの全道路の総工費1億8000万ユーロ(約234億円)の捻出に向け、同州政府との協議が進められている。

 新しい自転車道は、ドイツの多くの都市に見られる古い1車線の自転車用道路を大きく改善。こうした古い道では、木の根によって路面がでこぼこしたり、道路が急に終わってバスレーンに合流したりするなど、危険な場所もあった。

 新しい自転車道は幅約4メートルで、追い越し車線があり、地下や高架で交差する方式。街灯もあり、冬には除雪も行われる。

 RVRの調査によると、坂道も楽に登れる電動自転車の人気にも支えられ、この道路の開通により、自動車の利用が1日当たり5万台減少する見通しだという。

 オランダとデンマークが先駆的に取り組んだ自転車高速道路は、ドイツ各地で注目されている。

 金融の中心地フランクフルト(Frankfurt)ではダルムシュタット(Darmstadt)まで南へ30キロ続く道路が、南部バイエルン(Bavaria)州の州都ミュンヘン(Munich)では同市と北部郊外をつなぐ15キロの道路が計画されているほか、ニュルンベルク(Nuremberg)も同市と4都市をつなぐ道路のフィージビリティ・スタディ(実現可能性の調査)に着手した。

 首都ベルリン(Berlin)でも、市当局が15年12月上旬、緑の多い南西部郊外のゼーレンドルフ(Zehlendorf)と市中心部をつなぐ自転車高速道路のフィージビリティ・スタディ実施を許可した。

(1月4日 AFP=時事)

このページに関連するページ

記事はありませんでした。